アラフィフは
定年へまっしぐら
定年後新たな世界へ飛び込むか? それとも延長?
目利き&健康 PR

成城石井でMUTTIのファインカットトマトを発見

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

トマト料理が大好きなこむパです
秋田でシシリアンルージュのトマトジュースを味わって以来
すっかりトマトの虜になってしまっています。

また最近では16時間空腹にするってのが流行っていますが
確かに空腹でもないのに一日3回も食事する必要があるの?
と感じていたので、朝食はトマトジュースとサラダのみに
変えています。
結果、以前よりも増してお昼ご飯が大変美味しく感じるようになりました。
最近のおすすめトマトジュースはこちら

こむパ
こむパ
イオンのお客様感謝デーには、このトマトジュースが売り切れていることが多いです。

最高傑作のトマト缶との出会い

その秋田時代を経て、大阪⇒札幌と渡り歩いていきました。
そして遂に最高の出会いが次の赴任地の福岡で起こりました。
会社のランチタイムで『トマト缶は絶対MUTTI』って豪語する人が登場。
近所のスーパーに他のトマト缶よりも少しだけ高いけど
味が全然ちがう!っていう話を聞きました。
単身赴任生活だったので自炊をしていた僕は
近所のスーパーを数件渡り歩きましたが
結局はその時は見つかりませんでした。

成城石井でMUTTIファインカットトマト缶を発見

そんな矢先に転勤になってしまった僕。
あちこちで探し続けましたが、ネット通販でしかありつけませんでした。
そんな矢先になんと地元にある成城石井で発見!
衝撃の事実でした。
MUTTI
しかも高級スーパーの成城石井なのに良心的なお値段♬
これはさっそく購入!ということで大量買いしました。

こむパ
こむパ
120円のトマト缶って普通ですよね。
僕の中の値ごろ感としては例え400円くらいであっても買っていると思います。

おいしいMUTTIファインカットトマト缶についての感想

ご存じの通りトマト缶はそのまま食べるものではなく
火を通して熱を加えてやると甘みがたくさん出てきます。
僕の一番の好きなメニューをご紹介。

MUTTI缶詰で茄子とベーコンのトマトソースを作る

このトマト缶でパスタを作ると大変美味しいです

1.予め茄子をオリーブオイルで炒めて
たっぷり油を吸わせて別の容器に移して置く。
2.ニンニクを冷たいオリーブオイルとともに
ゆっくりとフライパンで温めて、煮詰まったところにベーコン投入。

こむパ
こむパ
ベーコンを投入した時点でアマトリチャーナと呼んではいけない!と最近行きつけのイタリア料理のオーナーに言われました。本来はイノシシなどのジビエ肉らしいです。

3.最後にMUTTIトマト缶を投入。

感想1:MUTTI缶詰は他のトマト缶とは違う。

缶詰を開けた時に第一印象は『これがトマト缶?』
すごくサラサラしていて缶から中身を取り出したときに
通常であれば固まっていて中々取り出せないけど
缶の中に残らないくらい

こむパ
こむパ
トマトジュースのようなサラサラ感

感想2:MUTTIトマト缶の味

酸っぱくないが第一印象

他のトマト缶詰と比べて絶対的に甘みがあります
具体的にはMUTTIはトマト缶独特の尖ったような酸味がありません。
通常我が家の場合、他のトマト缶を使ってトマトソースを作る場合は
砂糖を少し加えてそのトゲトゲ感を減らそうとしますが
前述の通り、酸味が全くなく、むしろ甘みが全面に出されているので
何も手を加えなくても食べれます。
加熱されたトマトの旨みとオリーブオイルの絡みが
格別の美味しさを引き出してくれます。

完成品はこちら☟


美味しくできました。
正直申し上げて外で食べに行くものよりも美味しいと感じます。
家族みんなに大好評
トマト缶としては少しだけ高いけど
絶対におススメです。

MUTTIトマト缶が美味しい理由:製法に秘密がある

室温20度を維持した部屋でカット
低温殺菌(90℃で一時間)
⇒ 通常は120℃で4分殺菌
とHP書かれています。
僕の感覚的なものでは
使っているトマト自体の品種がちがうのでは?
って思うくらい嫌な酸味がないです。

こむパ
こむパ
詳しくは以下のMUTTI社のHPを参照ください

以前アメブロ時代にトマト缶MUTTIの紹介記事を書いた。

福岡単身赴任生活時代に友人が紹介してくれたこのトマト缶詰。
トマト缶独特の酸味は全くなく、とても甘く感じます。
(もちろん砂糖などの甘味類は含まれてません)
しかしこのMUTTIのトマト缶は
地元のスーパーでは全くお目にかかれませんでした。

イタリア産トマト缶と書いてても中国産のトマト缶が流通しているってお話

この記事をリライトしていると(目的は成城石井売り切れを書きたかった)
こんな記事が僕の目に飛び込んできました。


原産国と原産地表示問題は色んな食材に起こりうる話みたいです。
最終加工地が原産国と表示されるので
一部の食品メーカーの場合、中国で生産されトマト(濃縮トマトらしいです)を
イタリアに輸入してパッキングされているという指摘です。

MUTTIのトマト缶はイタリア産のトマトを使用

HPを見ているとイタリア産トマトを使用していることが一目瞭然


一度このトマト缶を使うと他のトマト缶は酸っぱくて食べれません。

成城石井だけでなくリカーマウンテンで発見

また期間限定なのかもしれませんが格安酒屋チェーン
『リカーマウンテン』にも置いてありました。
お値段もどちらも一缶100円強。
非常にお手頃価格で提供されています。

【最新情報】成城石井の売り場からMUTTIのトマト缶がなくなっています

2022年11月の時点で成城石井の売り場からMUTTIのトマト缶が
売られていないことに気づきました。
売り切れではなく、商品棚からなくなっているので
取り扱いを中止したのかもしれません。

近くのスーパーに置いてない場合は通販サイトで

残る購入可能なお店はリカマンこと
リカーマウンテンですが2023年8月現在では見かけなくなりました。

もし近くに置いてない場合は一度通販サイトで
購入されるのもいいかもしれません。

created by Rinker
¥5,551 (2024/07/18 10:55:20時点 楽天市場調べ-詳細)

楽天市場での送料無料は大量買いだけど超お得!

是非とも試してもらいたい一品の紹介でした。

こむパ
こむパ
最後までお読みいただきありがとうございました。






ABOUT ME
こむぎのパパ
中学時代の顧問の先生の影響で高校英語教師を目指す。 教育実習後、産休教師として夢の教職に就いたが挫折し半年で退職。 外資系企業に就職し最近は地方の支店長として日本各地を転々。 そのおかげたくさんの人や場所に触れ合うことができました。 野球は関西人のくせに生まれた時からドラゴンズブルーの血が流れています。

外資系営業マンこむパの目利きをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む